文化財

文化財 · 7月 02日, 2022年
琉球王朝時代の村役場を再現した建物
文化財 · 6月 24日, 2022年
身延山麓の標高400m付近に日蓮宗総本山である身延山久遠寺。 日蓮聖人を仰ぐ人々の心の聖地として、日々参詣者の絶える事が無い。 頂上からの眺望がよいためたくさんの観光客も多く訪れる場所となっている。
文化財 · 5月 26日, 2022年
伏木は小矢部川の河口に位置し、遠く古代から知られた日本海沿岸屈指の漁港です。18世紀には、能登屋(藤井家)や鶴屋(堀田家)など、自ら渡海船を所有し交易業を営む有力な船問屋が台頭するなど、北前船交易により大いに栄えました。...
文化財 · 5月 22日, 2022年
旧王子製紙製品倉庫
文化財 · 2月 03日, 2022年
浜松城公園ホームページより抜粋しています。 浜松城築城の経緯...
文化財 · 1月 28日, 2022年
室岩洞は江戸時代から昭和29年まで稼働していた採石場で、当時の様子を残したまま見学することができる数少ない場所です。半島が海底火山であった時代に海底に降り積もった火山灰は長い年月を経て凝灰岩(ぎょうかいがん)へと変化し、「伊豆石(いずいし)」と呼ばれる石材としてさまざまな場所で建材として重宝されてきました。石は斜面を海岸まで斜面を滑らせて運んだそうです。その海岸までの坂が残されています。
文化財 · 12月 25日, 2021年
松崎町 岩科学校 裁縫室 鶴の間
文化財 · 6月 08日, 2020年
清水家は江戸元禄時代に回船問屋を営み、藩の御用達を勤めるなどして栄えた旧家です。屋敷の南に広がる回遊式庭園は江戸中期に造られたものといわれ、「静岡県みずべ百選」に選出された湧水を巧みに取り入れ、水の豊かさ、清らかさが映える名園です。
文化財 · 4月 22日, 2020年
橋の名称は、静岡藩主となった徳川亀之助(後の家達=いえさと)が1870(明治3)年4月に牧之原を訪れた際、開拓する幕臣たちに「ここは蓬莱・宝の山だ。」と激励したことがいわれと伝えられています。
文化財 · 6月 13日, 2019年

さらに表示する