エコテックス100

STANDARD 100 by OEKO-TEX®

ベッドスプレッドハウスのウールは世界品質基準のエコテックス100 の中で最も厳しいクラス1に認証されています。

ヨーロッパで生まれ現在世界90か国以上で使用されています。

エコテックス100で定めた規格に基づき、試験され認証された製品は、人の健康に害を与える有害物質を含んでいないことを保証します。

エコテック100

繊維製品の世界的に分業が進んでいる中、世界統一基準の独立検査・認証システムがエコテックス100(STANDARD 100 by OEKO-TEX®)です。

有害物質に関する既存の分析方法(ÖTN100)を基に、1992年にエコテックス国際共同体を発足させ、エコテックス規格100としての規格を定め、試験、認証を行っています。

 

 OEKO-TEX®試験および認証システムは、チューリッヒに本社を置くOEKO-TEX®(繊維・皮革生態学分野)の国際試験研究協会(OEKO-TEX®)によって統括され世界の 18の認定施設と50のコンタクトオフィスを運営しています。


OEKO-TEX®の有害物質検査は原則的に、繊維と材料のその都度の使用目的に応じて行われます。製品が素肌に触れる頻度が大きくなるほど、また肌が敏感であるほど、遵守すべき要件は一層、厳しくなります。

これに対応できるよう 4つの製品分類 にクラス分けします。

製品分類 I:3歳までの乳幼児向け製品(下着、ロンパース、衣料品、ベッドリネン、バスリネンなど)

 

製品分類 II:素肌に直接触れる製品(下着、ベッドリネン、Tシャツ、靴下など)

 

製品分類 III:素肌に密着しない状態で使用する製品(ジャケット、コートなど)

 

製品分類 IV:インテリア用品(カーテン、テーブルクロス、ソファーカバーなど)

(OEKO-TEX®ホームページより抜粋して構成しています)

【エコテックス100 クラスⅠ 認証】