スペインデザイン

「歴史から生まれ育まれたデザイン」

 

スペインは南と北では雰囲気がまったく違います。

南は地中海気候の温暖で開放的です。

ベッドスプレッドハウスのベッドカバー、ベッドスプレッドは

地中海側のバレンシア地方で作られています。

この地方は紋織物の伝統が色濃く残り

今はジャガード織機を使って織物を作ります。

家族代々で行っている小規模の製造所が周辺に散らばっています。

古い製造所は1800年代に始まっています。

バレンシアの旧市街はの町並みは

世界遺産の中を歩いていようなもの

デザインの宝庫で、美術館の中にいるようです。

ちょっとした飾りや、屋根、破風の飾り、色、色合い

 

 

「斬新なデザインの中にオリエントとヨーロピアが混在」

 

このような環境で育った人々は古いものだけでなく

斬新なデザインのインテリアをこよなく愛しています

 

個性的な思い思いのインテリアを楽しむスペインでは、

友人の家を訪問すると、すばらしいインテリアの部屋を披露してくれます。

そのインテリアの中の多くに時としてオリエンタル調が豊かに

ヨーロッパテイストに合った自然体で存在しています。

斬新なデザインの中にオリエントとヨーロピアが混在し、

またクラシックデザインの中にオリエントとヨーロピアが混在しています。

 


身近な例ではスペインはタイルアートが有名ですが

まさにここにスペイン(トルコ)のアートの歴史と、

ベッドスプレッドハウスのベッドカバー、ベッドスプレッドが

日本人にも時として郷愁を誘っているデザインの元があります。

「シルクロードを伝って」

 

シルクロードを伝ってシルクだけでなく、陶磁器がイスラムに伝わり、

南アフリカから、イベリア半島の戦いの歴史の中で

イスラム文化が伝わり、東洋と中東とヨーロッパの文化が、

スペインの歴史の中で熟成されて現在に伝わっています。

藍色、紫、などの色使いも見事です。

 

伝統に育まれたデザインですのでそのモチーフ・色の数は膨大なものです。

 

その膨大なデザインの中から、日本のベッドルームに合ったデザイン・色を

多くの中から選択してベッドスプレッドハウスの1枚となります