Dylan®防縮ウールベッドパッドのご家庭での洗い方

1.30℃以下の水で中性洗剤(毛糸洗い用)を使用します。
2.ベッドパッドをたたんで洗濯ネットに入れます。

たたんでから、洗濯ネットに入れることで、洗濯機内のベッドパッドの広がりを抑え、からまらないようにします。そうすることでちぢみを最小限に抑えます。

 

【洗濯ネット選び方】

 大きいサイズ 布団用 特大サイズなどを選びます。

・円柱型 40~42×45~55cm程度 ベッドパッドをくるくる丸めて入れます。

・角型 60×60cm程度 ベッドパッドをたたんで入れます。

 お手持ちの洗濯機の容量に合わせてお選びください。

〇縦型の洗濯機は写真のようにくるくる丸めます。

縦型洗濯機の場合
縦型洗濯機の場合

〇横型洗濯機は写真のようにたたみます。

横型洗濯機の場合
横型洗濯機の場合

3.洗濯機の設定

洗濯機の洗濯設定を手洗い、ドライなどにします。

設定が無い場合は弱水流を選び 

脱水は軽く(少し湿り気が残る程度に)やさしく洗います。

■注意■ 

タンブラー乾燥、浴室暖房乾燥のご使用は避けてください。

ウール特性のフェルト性を保っています。湿った状態で熱を加えたり、

ウールをこすり合わせたりしますと縮みます。

【お洗濯時の縮みの原因】

タンブラー乾燥、浴室暖房乾燥をかけてしまった。洗濯ネットを使用しなかった。洗濯機の通常コース(強い水流、脱水)で洗ってしまった。ウールの特性のフェルト性を保っています。誤った洗濯・乾燥方法で縮みます。

 

4.陰干して下さい。

 ■重要■ 

 

干す際にベッドパッドの形を整えるように端を広げるようにしていただくと、洗濯で発生した縮みが取れます。

 

5.ワンポイントアドバイス

〇太陽の直射日光による殺菌効果

10時から14時に1時間程度直射日光にあてるとほとんどの細菌が死滅します。

乾いた状態のベッドパッドの1時間程度の天日干しが有効です。

 

〇クリーニング店に出す際の注意

必ず石油系のドライクリーニングとご指定してください。

「クリーニング店に出して縮んでしまった。」原因のほとんどがクリーニング店で誤って水洗いタンブラー乾燥をしたことによる縮みです。

一言「石油系ドライクリーニング」とご指定してください。